Recent entries
2009/04/21 (Tue) 柴犬界の叶姉妹
2009/04/06 (Mon) 桜に興味はない?
2009/03/23 (Mon) 漬け物柴犬
2009/03/16 (Mon) 木登り
2009/03/09 (Mon) メグロの河津桜

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







いや~、ハイビスカスの黄色が満開です。
ビニールシートを敷いて酒盛りしたいくらいです。


ハイビスカスa01


今日咲いたのは8つ。
一度にこれほどの数が咲くことは珍しい。


ハイビスカスa01


黄色が好きなんで黄色ばっかりになってしまい、
最初の頃の深紅の赤が懐かしくなってきてます。

ハイビスカスa03


ほとんどが冬越えしたものですが、
その中でも一番大きいのがこのピンク。
去年の11月頃に半分程に切り込んで、
鉢も小さなのに植え替えて冬越え。
6月になってから夏用に元の大きな鉢に植え替えました。
夏場で30センチ以上成長するので、
高さは2メートル近くになります。

ハイビスカスa05


花芽が付き出したので、
これからたくさん咲いてくれることでしょう。

ハイビスカスa04


その他に、今年手に入れた薄いピンクと
友人からもらったマンデビラのピンクの花。
マンデビラは初めてなんですけど、
朝顔のように蔓を巻いていきます。
はっきりとしたピンクがきれいですね。
他に白やオレンジがあるのかな?
強いので放っておいても来年咲いてくれるそうです。
楽でいいですね。

ハイビスカスa06


さて、今日のもうひとつのお題。
伸びすぎたビオラの中に何か見えませんか?
毛虫じゃありません。蝶の幼虫のようです。
花の手入れをしている時に触ってしまったのですが、
固いトゲのようなものに覆われていました。
今年の春は椿の毛虫、チャドクガに家族がやられたんで
心配したんですが、蝶の幼虫はグロテスクだけど無害。
ぴりっとトゲの刺さったような感触はありましたが、
その後はなんともありませんでした。

蝶の幼虫01


この幼虫がどんな美しい蝶になるかは、
「蝶の幼虫図鑑」からツマグロヒョウモンをご覧下さい。


蝶の幼虫02


ナント華麗な変身!

わたしもこの夏はカレイに変身しなくては・・・


ビオラマック01


ウインクしてるつもり・・・

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←華麗に短期間で変身するには・・・もう夏はそこに・・・マックス・ブート・キャンプ!!!♪v(*'-^*)^☆


スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット




大坂城のおひい様が登場!
「さ!お散歩行こか!」のもこちゃんが大変身!

もこちゃん01


「くろしば★むぎっこ☆」のむぎちゃんも
夏の風に乗ってアロハで登場!

麦ちゃん01


マック・ファクトリー・オールスターのムービーです。




にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←皆さんの励ましでマック・ファクトリーは成り立っておりまする。m( __ __ )m

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


今回は無声映画のつもりでご覧下さい。
徳川夢声さんの解説はありません。














毎日楽して、新潟産コシヒカリが食べたいという
魂胆が見え見えです。

農家に嫁ぎたい01


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←ちなみにマック家ではいまだに新潟産コシヒカリは食べたことがありません。どうしても食べてみろと送って下さる方にはお断りしません。




ねえねえねえ・・・

お友だち01


マック・ファクトリーのお友だち・・・

お友だち02


紹介します。

お友だち03


こちらか、右の「マック・ファクトリーのお友だち」ボタンを
クリックしてご覧下さい。
画面下メニューの「「マック・ファクトリーのお友だち」ボタンを押すとご覧になれます。

お友だち05


ご覧頂きまして、アリガトでちゅ

お友だち04


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←誰かの話し言葉に似てきたな? 麦ちゃんか??

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット




もこぴーさんのところで、もこちゃんが動画で
ハイタッチしてたから、うちもやってみた。

出来た!

親バカマック01


日向ぼっこで日差しが強いので、帽子をかぶった。
これも出来た。

親バカマック02


工場長がアロハの新作生地を持ってきた。
これはまもなく出来る。

親バカマック03


そして、父さんの行きつけの飲み屋で
ママさんから教わった芸をお見せしよう。


親バカマック04


この芸は、いつもバーのカウンターで
水をロックで飲みながらママさんとやる。







にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←起承転結なし、これまた失礼致しました~m( __ __ )m

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット



モデルさ~ん、出番ですよ~
嫌がる重たいモデルさんを
マネージャーが無理やり引きずり出す。


マック撮影風景01


モデルさん、すぐに逃げ出す。


マック撮影風景02


モデルさん、おやつにつられ、仕方なくスタジオに入る。


マック撮影風景03


綿密な打ち合わせが、おやつを目の前に行われる。


マック撮影風景04


おやつの向きによって、顔のアングルを変える。


マック撮影風景05


あるいは、「待て」で、フリーズ状態にする。


マック撮影風景06


この方式では、モデルさんは太るばかりだ・・・

マック撮影風景08


テヘッ!

マック撮影風景09


モデルさん「お疲れさまでした~!」

マック撮影風景10



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←いつもノーギャラです。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット




無事、マック・ファクトリー開店となりました。
皆さんの暖かい励まし、応援、ありがとうございます。
父さん、工場長、わたくしマックも歓喜の涙でございまする。m( __ __ )m


商店街お散歩01


新作を着て散歩に出ようとすると、
お友達のマメちゃんが。

商店街お散歩02



いつも父さんがナデナデすると、道の真ん中でひっくり返って、
もっともっととおねだりするんです。
わたし、散歩に行くんですから、早くしてください。


商店街お散歩03


さて、今日は父さんがまたへんてこりんなのを作りましたので、
ご覧下さい。
Wiiをお持ちの方は、コントローラーを人や障害物に当たらないように
右に左に振り回してお楽しみください。
3回人やモノに当たるとゲームオーバーです。




すいません、ゲームではありませんでした。
都会に住んでると、こんな人混みもすすいのすいと通り抜けられないと、
シティガールじゃないんです。なんちゃって♪v(*'-^*)^☆

夏休みは田舎に行って思い切り走りたいな~っと思うんですが、
田舎のない東京人の父さんなので、どっか遠くへ連れてって・・・

商店街お散歩04


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←マイ田舎がほしい!

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


マックファクトリー01


少数派の“柴ワンコだって洋服を着たい!”の会員の皆さま、
大変お待たせ致しました。
いよいよ『祝 マックファクトリー開店』でございますー。


マックファクトリー02


マック「工場長、いらっしゃ~い!
    あれーっ、工場長も太ったー?」
工場長「うるしゃーい。あんたには言われたくなーい!」
夏の新作を持って、久しぶりに工場長が来ました。


マックファクトリー03


新作の1着目は、夏の定番アロハです。
色白?のワタシには、やっぱり黒地が似合うでしょ?でしょ?でしょ!
ホントはワタシよりかっこよくアロハを着こなしている柴ワンコが!
それは、マックファクトリー開店前に工場長と裏取引をして1着入手した平蔵クンです。
〈平蔵クンのアロハデビューはこちら



マックファクトリー04


2着目は、藍色の浴衣風なの~。
花火は嫌いだけど、これを着て盆踊りなら行ってもいいかなー。
ワタシ、炭坑節なら踊れてよ~。


マックファクトリー05


3着目は、大~好きなレンジャー部隊風の迷彩柄。
今回は女の子っぽく、白地にバイオレットをあしらった迷彩柄なの。


マックファクトリー06


工場長が生地見本を持ってきたけど、
これって作る前に見せてくれるモノじゃない・・・?
まっ、いいか。
お金払ってないし・・・。


マックファクトリー07


いい子にモデルしてたら、大好きなスイカをもらった~!
やっぱり夏はコレよねー。

マックファクトリーのオリジナルカタログは、
ページトップ右側の写真をクリックしてください。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←マックファクトリーの開店を祝して

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット



久し振りに父さんと散歩です。
たまに帰り道は武蔵小山商店街を通ります。
戦前からある商店街で、長いアーケードで知られてます。

武蔵小山の御堂筋といったところやろか、もこぴーさん。

マック武蔵小山商店街散歩01


ここで父さん、なにを思ったか、
動画を撮ろうとしました。
アーケードの上に飾ってある
七夕の飾りを入れ込みで撮ろうとしたのですが・・・

失礼、わたしのお尻からスタートです。

マック武蔵小山商店街散歩02


なんだ~?




父さん、カメラを縦にすれば縦に映ると勘違い! ヾ(;´▽`A``

視覚がおかしくなりますね。

気分が悪くなったら横になってもう一度見てみましょう。(・_・;)

マック武蔵小山商店街散歩03


父さん
縦に撮ったら縦に映らんもんかなあ~


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←さぼってランキング降下中。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット




マングローブという木があるのではなくて、
熱帯や亜熱帯の河口で、満潮時の海水中で育つ
植物をマングローブというそうです。

マングローブ01


ヤシやシダの仲間を含めると、
世界で100種類以上の植物がマングローブと呼ばれています。

マングローブ02


ランカウイのマングローブにも多くの種類があります。
このタコの足のようなのが一番多かったかな。
マングローブの森を形成しているのは、殆どがこのタコ足状の木でした。

潮の干満で多くの生物が見られます。
カニや多くの魚、エビや貝。
食べたり、食べられたり、食物連鎖の輪を繰り広げています。

マングローブ03


カニクイザルはもちろを固い甲羅のカニをバリバリ食べてました。
マングローブの森の大地はタコ足状の根が張りつめているので、
人や猿などを襲う動物は入り込めません。
彼らにとっては天敵のいない楽園と言えるでしょう。

マングローブ05


この自然を守るべく立ち上がったのがマングローブ男こと、オッジー。
お問い合わせがありましたが、レッキトシタ東京出身の日本人、
尾島隊長です。

マングローブ04


世界中のマングローブの森が
人間の生活のため、減少しています。

マングローブの森は干潟や珊瑚礁と同じように、
多くの生物のゆりかごになっています。

二酸化炭素の吸収にも大きな効果があり、
地球温暖化の防止にも役立っているのです。

まして、こんなに美しい自然なら守ってあげたくなりますね。

マングローブ06


失礼なかっこで申し訳ありません。
マングローブの森を守ろう!

マック001




にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←たまにはマジメなことも言う父さんに励ましのワンポッチンを







テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット




観測史上7月としては最強の台風、皆さん、大丈夫ですか?

日本中にお友達がいるので、心配も全国的です。

九州から四国、東海、茨城から東北の皆さま、
まだ高波などの心配がありますので気をつけて。

浪速のもこぴーさんはもこちゃんと一緒に
道頓堀川で泳いでないか?


こちらは昨日のお昼の東京湾。
うちの事務所の前です。
雨は弱まってましたが、レインボーブリッジの上には黒い雲が・・・

柴犬マックのボーイフレンド01


お台場も雨雲に覆われて見えません。
こんなことは一年に一度か二度あるかですね。

台風02


晴海方面も低い雨雲に覆われてました。

台風03


それが今朝の五時、台風一過です。
ほぼ同じポジションで晴海方面を撮ってます。
なぜなら、徹夜でまだ編集の仕事をしているからです。

台風04


お台場方面は雲ひとつない快晴です。

台風05


正面が隅田川河口、左が汐留です。
空の雲の色の変化が美しいですね。

台風06


徹夜の目には、東京湾に照り返す朝日が眩しい・・・

台風07


父さん、雨も止みましたから、
早く帰ってきて散歩に連れてってください。

台風10



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←徹夜の父さんに励ましのワンポッチンを

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット


おそらく、ランカウイで一番高級なリゾートホテル、ダタイ。
なかなか予約が取れないそうです。
さらに他のリゾートよりかなりお高いみたいです。
ここの一泊で他のリゾートホテルの三泊くらいの・・・。
高いにはそれなりの理由があります。

ランカウイ・フルーツ01


入り口は石組みにダタイと書かれているだけ。
熱帯のジャングルの入り口みたいです。
プレートの下には以前お見せした毒トカゲが何匹も
岩に挟まって寝ています。

ランカウイ・フルーツ02


ダタイのなにが凄いのかというと、
広大な自然をまるごと敷地にして、
なるべく自然を壊さないようにホテルを造り出したということです。
無駄な道を作らないように、資材は海側から搬入して、
道を作るときも生態系を崩さないように細心の注意を払ったそうです。

ここには以前紹介したアーシャドやサバンが自然ガイドとしています。

残念ながら中を見る時間はありませんでした。
次回は泊まれなくても遊びに行こう。

ランカウイ・フルーツ03


さて、この日のランチタイムは現地のフルーツを楽しみました。

ランカウイ・フルーツ04


熱帯のポピュラーなフルーツといえば、ランブータン。
ライチは高級ですが、ランブータンは同じような味わいでもリーズナブル。

ランカウイ・フルーツ05


どの食堂でも、店の前には置いてあります。
わたしが買ったのではないので幾らかは判りませんが、
一束100~200円くらいじゃないかな。
食べきれないくらい来ます。

ランカウイ・フルーツ06


左下のフルーツも美味しかった。
名前が思い出せない・・・
ボケが始まったか・・・
ご存知の方、教えてくださ~い。

ランカウイ・フルーツ07


UTO隊員はランブータン初体験だそうです。
美味しそうに食べてます。
まあ、なんでも美味しく食べる特技があるんだけど・・・

ランカウイ・フルーツ08


いつも飲み物はタカさんのおすすめのいただきました。
漢方みたいな薬草コーヒーや紅茶、
どれもちょっと甘いけど、
熱帯の夏バテには効きそうなものばかりで、
美味しかったですよ。

ランカウイ・フルーツ09


そして今日のランチは、インドのようなナンだけど
柔らかいパンにカレーを付けていただく。
このカレーが割と日本のカレーに似ていて美味しかったな。

ランカウイ・フルーツ10


道を車で走っていると、各家の前には日本では持てないような
広い庭があって、ランブータンがたわわに実ってるんですよ。
地元の人は買う必要ないんですね。庭になってる。

ランカウイに住んだら、食べられる樹をいっぱい植えそうだね。



なあんか、梅雨の曇り空で眠たい・・・
うちにあるのはトマトとイチゴかな・・・
父さんが庭いじりの時によく食べてます。

あくびマック




にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←ランキング停滞中! 皆さんのワンポッチンが励みになってます。
        
            



マングローブの森の空は蒼く、雲がシルクのように輝いてる。

カヤック01


マングローブの葉の緑が、「元気だよ」と言ってるように思える。

カヤック02


根も大地にしっかり根付いている。
温暖化の影響もあるだろうに・・・
インドネシア沖地震の影響は小さかったらしい。

カヤック03


オッジーが主催するランカウイ倶楽部のカヤック・デ・ジャングルは
ランカウイ島の北部に広大に広がるマングローブ・ジャングルを
ゆったりとカヤックで巡るツアーだ。

カヤック06


初めての人でも親切に教えてくれるので大丈夫。
泳げなくても心配なし。
広いところに出ると、紅茶とクッキーでひとやすみ。

カヤック07


自分で漕ぐオールが水をかく音と鳥の鳴き声だけの静かな世界。


カヤック08


眠り男、矢口カメラマンはここでも寝ています。
わたしは写真を撮ってますから起きてます。

カヤック09


と、父さんと矢口カメラマンは、寝てるか、飯喰ってるか、ビール飲んでるか、
だけと思われてしまうので・・・

カヤック10


たまには緊張した顔をお見せしましょう。
オッジーがこわい顔してるでしょ。

カヤック11


音をたてず、静かに動物を脅かさないように撮ります。
UTO隊員は、矢口カメラマンが蚊にやられないように、
ラケット状の電気蚊退治機を持ってます。

カヤック12


しかし、モニターを見ているオッジーがアップの生物を見ると、
「すっげえ、かっわいい! こんな色してんだ!! 見てみてタカさん!!」
と声を出すので、父さんは後の編集のことを考えてヒヤヒヤでした。
これからスタッフはカメラが回っている時は余程の時以外は沈黙を守りましょう。

33倍のズームレンズで肉眼では見えないような生き物の動きを撮ります。
50メートル先の人の顔のアップが撮れるようなレンズです。
ちょっとカメラに触れただけでも、画面は地震のようにぶれてしまうので、
回っている最中は身動き禁止です。

カヤック13


ま、こんな苦労をしながら、マングローブの森に住む生き物たちを
撮らせていただきました。
出演してくださった多くの生き物たち、ありがとうね。

カヤック14


わたしも寝るのが大好きです。
父さんの留守中は布団を拝借します。
寝心地いいなあ~

マック寝る01


てへっ、ウソ寝でした。

マック寝る02


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ 皆さんのおかげでランキング上昇中!
       応援のワンポッチンをおたのもうします。


霧がジャングルの底から湧き上がってきます。


熱帯ジャングル01


朝早いジャングルにはミスト(霧)が立ちこめて
幽玄な世界が繰り広げられます。

熱帯ジャングル02


と、オッジーの上になにかが・・・

熱帯ジャングル05


葉っぱですか?

熱帯ジャングル04


葉の中に入り込むと見分けがつきません。

熱帯ジャングル06


長い年月、ジャングルの中で姿を隠すために擬態、
葉に似た姿に変化した昆虫です。

わたしたちも願えば、たとえばスリムになるとか、
ジョニー・ディップに似るとか、マドンナみたくなるんだろうか・・・
虫さん、何年かかって望む姿になったんですか?
ビリーは日本の女性に一週間で、と言ってますが・・・

熱帯ジャングル07


わたしも人間に化けてみましたけどいかがでしょう・・・

犬ですから化け猫みたいにうまく化けられませんが・・・

メガネマック099



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ  皆さんのおかげでランキングも上昇中。
        応援のワンポッチンをよろしく

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット




ランカウイの夕陽を撮影するため、マラッカ海峡に出て、
いいポイントを探します。
よ~く、目を凝らしてください。


ランカウイの夕陽01


われわれは、絶海の孤島にエジプトのミイラ2体を発見しました。
ツタンカーメン以来の発見です。
2体は北を枕に夕陽を浴びて横たわっていました。

ランカウイの夕陽02


あれ、コレ、父さんと矢口カメラマンでないの・・・

ランカウイの夕陽03


朝は朝陽が上がる前の5時起き。夜は深夜帰り。
お疲れさまですが、彼らの特技はどこでも寝られること。
矢口カメラマンと父さんの会話
「あの時は眠かったな・・・」
「寝返り打ってたら、岩から落ちて死んでたな・・・」
「死んでもいいほど眠たかったな・・・」

ランカウイの夕陽05


ふたりが起きたらそのシルエットは、
「2001年宇宙の旅」の猿のようです。

ランカウイの夕陽06


さて、そろそろいい陽の具合です。

ランカウイの夕陽07


夕陽を写すタイミングは、日没前後の短い時間です。

ランカウイの夕陽08


この、われわれが発見した
絶好のランカウイの夕陽の撮影ポイント。
オッジーがマック父さんアイランドと名付けてくれました。
国土の広さは3畳ほどですが、
この絶好のポジションからランカウイを撮影するときは、
マック父さんアイランドに申請してください。
申請にはわんこへの貢ぎ物が必要です。

ランカウイの夕陽09


さあ、いよいよ撮影です。
波の音だけがするマラッカ海峡に夕陽が落ちていきます。

ランカウイの夕陽10


短い時の間に刻々と変る夕景をご覧下さい。

ランカウイの夕陽11

ランカウイの夕陽12

ランカウイの夕陽13

ランカウイの夕陽14


真っ暗くなって船着き場に戻って来ると、
人懐こい白猫が待っててくれました。

ランカウイ猫01


マック父 
こちらは最近ランカウイで発見されたランカウイ・タヌキいぬ。
生後1ヶ月です。

マック生後一ヶ月01


なにアホなこと言ってるんですか・・・
わたしが1ヶ月と8日で父さんのところへ来た時の写真です。

マック生後一ヶ月02



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←ランキングに参加中 ワンポッチンしていただくと勇気が湧きます。





今回は、ランカウイ島を空からの撮影です。
よくいう空撮ですね。
ヘリをチャーターすると、ランカウイ島にはないので
クアラルンプールから運ばねばならず、膨大な費用がかかるので、
今回は小型飛行機です。それもパイロットが半分は手作りした。

ランカウイ空撮01


機内は狭いのでカメラマンとパイロットしか乗れません。
ヘリだったらわたしも乗れて指示を出せるんですが、
(*今回は指示を出すほどのこともありません、
  百戦錬磨の世界遺産・矢口カメラマンですから)
それにしても狭いので、カメラを操作するのだけでも大変です。

ランカウイ空撮02


ヘリだったら機体にカメラを固定し、振動を吸収する機材もあるんですが、
今回は秘密兵器と手持ちでぶれを吸収するようにしてます。
並の人には出来ないテクニックです。
(*小型飛行機なのでカメラは小型ハイビジョンカメラを使用しています。
メイン撮影はアメリカのハリウッド映画でも使われている
ハイビジョンカメラで撮影してます。)

かなりの筋力と忍耐力を必要とします。

ランカウイ空撮03


セスナと違ってこの小型飛行機は翼が操縦席の上についているので
撮影の障害にはなりません。
プロペラはなんと、翼の後ろにむき出しのエンジンとともに付いてます。
水陸両用で静かな水面なら離着陸できるそうです。

なんか、第一次世界大戦当時のプロペラ機みたい。

ちなみにアメリカ製で700万円。
半製品で送られてきて、後はスパナーとドライバーで仕上げるそうです。

高級車を買える方、ベンツのお値段で買えます。
ひとついかがですか・・・

ランカウイ空撮04


心配そうに見守る尾島隊長。

この飛行機、ちゃんと飛んでくれるんだろうか?ってな顔をしてます。

ランカウイ空撮05


さあ、離陸です。
ジェット機の合間を縫ってテイクオフ。
飛びました、浮かびました。やっぱ飛行機ですな。


ランカウイ空撮06


これから山をいくつか越えて北東部のマングローブの森へ向かいます。

ランカウイ空撮06


見えてきました! 眼下に広がるマングローブの森
川がマングローブの森を蛇行しながら流れています。

ランカウイ空撮07


この森の中に多くの生き物たちが暮らしているんです。

ランカウイ空撮08


動く映像で見たいでしょ!
DVDの9月の発売までお待ちください。

ランカウイ空撮09


父さんはちゃんと仕事してたらしいな。
お土産忘れたらしいけど・・・

メガネマック001




にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ランキングに参加中です。ポッチンするとあなたにも幸せなことが・・・あるように・・・・m(_ _)m

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット




撮影は多くの仲間たちに支えられて成り立ってます。


ランカウイ現地スタッフ01

アナスとイーかな?
カヤック担当若手コンビ。

ランカウイ現地スタッフ02

アナスと煙草の交換を行う。
煙草が切れてるのかなと日本の煙草を出すと、
マレーシアの煙草と交換してくれた。
若いけど気が利く奴である。笑顔を絶やさない。

カヤックツアーでは途中で温かい紅茶とビスケットを出してくれた。
大自然の中で、カヤックに寝そべりながら紅茶だなんて。
う~ん、いい奴だ。

ランカウイ現地スタッフ03


熱帯多雨林のガイドだったらサバンが一番!(一番右)

最初はサンダルでジャングルの中に入っていくので、
大丈夫?って感じだったけど、
ヒルも彼には寄ってこないらしい?

ランカウイ現地スタッフ04

ジャングルの中の植物や動物に関しては凄~い。
実際にランカウイで一番のホテルでガイドをしている。
ジャングルの中で凄い樹は? あの動物はどこにいる? 生態は?
サバンに聞けば、ちょちょいのちょい。

ランカウイ現地スタッフ05


鳥を語らせたらこの人の右に出る人はいないアーシャドさん。
野生の鳥を撮るってのは結構難しいもんで、
いつどこに現れてくれるか分からない。

彼は時間とこの樹に来るよと教えてくれる。
われわれは時間より先に行って、静か~にして鳥の来るのを待つ。

これが来てくれるんです。彩りの鮮やかな鳥達が・・・
テレビも取材に来る有名人です。

ランカウイ現地スタッフ06


ランカウイのナンバーワン船長といえばマンちゃん。
神業的な操縦をします。

映像と一緒に音も大切な要素です。
鳥のさえずり、蝉の声など。
マンちゃんはエンジンを止めてベストアングルに船を寄せてくれます。

洞窟なんて、天井と5センチの開きがあれば入っていきます。
改めて、神業運転船長と言えます。

ランカウイ現地スタッフ07

このマンちゃんが聞いていたのが、前にご紹介した日本語版「黒猫のタンゴ」
マンちゃん、意味分かってるのかなあ?

ランカウイ現地スタッフ08

息子さんです。マレーシアでは水曜日か金曜日、どっちだったけかな?
が休日なので、お父さんの手伝いに来ました。

シャイでカワイイですよ。
最後にはハニカミながらピースサインを出してくれました。

ランカウイ現地スタッフ09

こんな現地のスタッフの人たちに助けられながら、
普段は見られない自然の中に入っていくことが出来るんです。

ランカウイ現地スタッフ11

そして撮影が終了すれば、美味しい食事を作って待っててくれる。
もちろん、冷えたビールとね・・・

ランカウイ現地スタッフ10


こわ~い顔して立っているタカさん。(左)
これはポーズです。
一杯入ると正体がばれます。
めちゃんこユニークな男です。
あらゆるものをミックスして食べ、飲むことができます。
例えば紹興酒とビール、ミックスして一気です。
好奇心旺盛で常に新しいものにチャレンジしています。
他の人ではやらないようなね・・

ゆうちゃんはこころやさしか男です。(右)
そしてロマンティストです。
彼とカヌーツアーに出かけると、
夜空の星の物語が始まります。
皆さん、ひとときを癒しのゆうちゃんとお過ごしください。

ランカウイ現地スタッフ12


こういう仲間たちに助けられながら撮影は進みました。

ランカウイ現地スタッフ13

ランカウイ現地スタッフ15


そして、今回の撮影の企画者・オッジーこと尾島隊長。
ランカウイに渡って13年。
島の自然を知り尽くした男です。

ランカウイ現地スタッフ16


2年越しの企画でした。
オッジーのランカウイへの熱い想いがみんなを動かしたと言えますね。

ランカウイ現地スタッフ17


ただいま父さんが編集作業中です。乞うご期待!

ランカウイ現地スタッフ18


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ランキングに参加中です。
               徹夜で編集している父さんに励ましの湾ポッチンをm(_ _)m




こんなビーチで昼寝をしたい! と思う場所がいっぱいあります。
それも誰も来ない・・・

魅惑のランカウイ島01

ひんやりとした洞窟もあります。

魅惑のランカウイ島02

洞窟の中から見たビーチの風景。
ディカプリオの映画に出てきそうなロケーションです。

魅惑のランカウイ島03

こんなビーチでひとり寛いではいかがでしょう。
ちょっとの時間だけ・・・

魅惑のランカウイ島04

潮が満ちてきました。
満潮になると美しいビーチは海の中に消えます。

ビーチマットでこんがり焼いて日焼けした貴方は水没・・・

魅惑のランカウイ島05

こういう潮の干満の大きいところで生きる生物は、
干満を知って暮らしています。
潮が引くと姿を現す、シオマネキなどのカニたち。
とぼけたかわいいハゼ。
カラフルなフグは満ち潮と一緒に戻ってきます。

その様子はいずれDVDでご覧になれますのでお楽しみに。

魅惑のランカウイ島06

大潮の時の潮の干満が3メートルはあるというランカウイ。

魅惑のランカウイ島07

潮の干満が大きいからこそ観られる面白い風景もあります。

魅惑のランカウイ島08

ここに何千というシオマネキというカニが姿を現し、
食事を楽しみます。
片方のハサミが巨大で、餌の取り方が器用でカワイイですよ。
小さすぎてデジカメでは近寄れません。
いずれビデオでご紹介しますね。

魅惑のランカウイ島09

さあ、潮が満ちてきました。
ゴボゴボゴボッっと砂の中に海水がしみ込む音がして、
マングローブの木々の根が沈んでいき、
海に浮かぶ樹という不思議な風景を見せてくれます。

魅惑のランカウイ島10

ランカウイで一番高い山から、
北部に広がるマングローブの森を眺めてみました。

今では保護されていますが、
サンゴなどと同じで、人が入り込めば生態系は崩れていきます。
今回の探検隊長・尾島はこの貴重な自然を記録に残しておきたい、
もちろん、マングローブの森を守りながら・・・・と、
DVDを企画しました。

9月には発売の予定なのでお楽しみに。

魅惑のランカウイ島11


わたしもマングローブの森を守る彼らにちょっとは協力しましょ。

子犬マック01


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←さて、どんなお手伝いが出来るかな? まずはランキングをあげなきゃ、ポッチン協力よろしくお願いしま~す。



マングローブの森の静けさの中に朝陽が昇ります。

ランカウイ・グルメ01


と、静かな始まりを予感させて・・・

今日はランカウイ・グルメ堪能記 m( __ __ )m

まずは、お手伝いしてくれたオールスタッフで中華を楽しむ。

ランカウイ・グルメ02

シーフードを中心にして、野菜もたっぷりといただく。

このお野菜の味付けがいける! 
日本のちゃんとした中華の味がリーズナブルに・・・いただけるのが
ランカウイの楽しみです。

ランカウイ・グルメ03

頼みすぎて、食べきれないほどでした。

ランカウイ・グルメ04

で、暑い熱帯に欠かせないのが、超~冷えたビール!
マレーシア産タイガービールは、うまい! 安い! 超サイコー!!

緑はハイネケン?。
右側の茶色のやつがタイガーだったけかな? 

ランカウイは免税の島なので、お酒や煙草がマレーシアの中でも半額近くで
楽しめるんです。もちろんお土産も・・・

ランカウイ・グルメ05

これがタイガービールです。日本のビールより飲みごごちいいですよ。

タイガービール01



で、ランカウイの自然を楽しむ上で欠かせないのが、
カヤック DE ジャングル・ツアー
夕方から夕陽が沈むまで、マングローブを静けさの中で堪能できます。

ランカウイ・グルメ06

自然に浸りきってお腹が空いた頃、
ちゃんと待ってます。水上でのディナーが・・・

ランカウイ・グルメ07

わたしたちのためにマレーシア料理を作って待って居てくれたお姉さま。

ランカウイ・グルメ08

冷た~いタイガービールが待っててくれます。

ランカウイ・グルメ09

そしてこの日は、新婚旅行でランカウイに来たカップルに、
サプライズ・ケーキがプレゼント。

星の輝く水上で、楽しい時間が流れていきます。

ランカウイ・グルメ10


とここで終わりそうですが、
ランチを食べに町へ出てきました。
商店も色が鮮やかでしょ。

ランカウイ・グルメ11

なにを食べに来たか?

ワンタンメンです。

ランカウイ・グルメ14

あざやかな手つきをご覧下さい。
麺をほぐし、

ランカウイ・グルメ15

ナベの熱湯にとうして、
スープとワンタンを入れればワンタンメン。

ちょうど、日本の立ち食い蕎麦的な作業とスピードで出来上がり。

ランカウイ・グルメ16



ランカウイ・グルメ12

ちゅるちゅるスープ系と焼きそば(カレー味)、冷やし中華風があります。

ランカウイ・グルメ13


まだ、食べるんですか・・・
と聞こえてきそうですが、夕食です。
レストラン街に出かけて、

ランカウイ・グルメ17

タイ風料理をいただきます。
もちろんスープはトムヤムクン。

香辛料を効かせたお魚やお肉をいただきます。

ランカウイ・グルメ18


ランカウイはちょっと北に行けばタイ国境。
南はインドネシアがですから、
東南アジアの代表的な料理は大概いただけます。

ランカウイ・グルメ19

ランカウイ・グルメ20

UTO隊員はこれでも足りず、ビュッフェスタイルの料理をいただいてました。
驚異の胃袋です。

ランカウイ・グルメ21


あ~、これじゃ父さん、痩せるなんて無理だ~!

メガネマック0001


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←太ってるってわたしのことばっかり言わないでください。ランキングに参加してます。減量中のわたしに愛のポッチンお願いします。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


熱帯のジャングルでは、
陽の光を受けようと他より一歩抜け出ると、
太陽を独り占め。
20メートル以上にも成長します。

ランカウイ島01

下の方は、普通の樹とは違って、ちょっと変った形になってます。

ランカウイ島02

その周りには、次の成長の機会を狙って、這い回る樹などが、
アートな世界を繰り広げています。

ランカウイ島03

焼いて醤油をつけたらおいしそうなキノコも・・・
ナベに入れてもいいかもしれませんが・・・

ランカウイ島04

さあ、完全防備したぞ!
熱帯のジャングルにキノコを喰いに出かけよう。

マックジャングル01

ランカウイのジャングルはどっちだ?

マックジャングル02

こっちか?

マックジャングル05

あっちか?


あっ、パスポート取るの忘れた!
マックジャングル04




ジャングルにはこんな危険もあります。
鋭いトゲをはやした樹。

ランカウイ島05

竹みたいに見えるんですけど、不明。

ランカウイ島06

不思議な生き物もいます。

きつねのような、こうもりのような・・・

ランカウイ島07

きつね猿って言ってたかな? 実は猿なんです。
夜行性なので、昼は高い樹の幹にとまったまんま、
ピクリとも動きません。
色も樹の幹と同化しています。

ランカウイ島08


とこんなジャングルの中で、湿度100%の中で撮影をしていたら、
サウナにいるのと同じで、やせるんじゃない?
「さ! お散歩行こか!」のもこぴーさんからご質問を受けましたが、
No!

汗が出ても、カロリーを消費しても、
マレーシアの料理が美味しいから食べちゃう。
体重計はここしばらくのってません。
もこぴーさんのように体重計にのる勇気が出ません。
意気地無しとお呼びください。

ランカウイ島09

下左はチマキ風ブタかけごはん。あと、インドネシアと似たナシゴーレン、ミゴーレンの
ような掛けご飯風か焼きそば風。100円ほどで食べられます。

それから、カフェラテをす~ごく甘くしたような飲み物。
ランカウイは水も氷も大丈夫でした。
でも、皆さんは真似しないでくださいね。

父さんは頑丈なんです。

ランカウイ島10

熱帯のジャングルは5月から雨期に入りました。
日本は梅雨です。

しばし、恵みの雨と思って、お散歩をさぼりましょう・・・

ランカウイ島11


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ←雨の日は散歩をショートカットするマックでした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


朝はやいマングローブの森に霧が立ちこめます。
静けさの中に鳥がさえずりはじめます。

マングローブの森の生物01

オールがかく水音と鳥の鳴き声が切り立った断崖に木霊します。

マングローブの森の生物02

熱帯の鳥たちは彩りも鮮やか。

マングローブの森の生物03

白頭海ワシは番いになると一生を共にするそうです。
最近は人間でもなかなか真似できません。

ちなみにわたしはバツイチデス。

マングローブの森の生物04

猿たちは大家族主義のようです。

マングローブの森の生物05

潮が引くと、干潟の生物が顔を出します。

干潟

とぼけた愛嬌のあるハゼたち。
シオマネキというカニ。
同じく5ミリほどしかない真っ白い
小さなカニは10秒に一回ほどバンザイをします。

これはデジカメでは小さすぎて撮影できないので、
世界遺産でも使われている超望遠レンズで撮影しました。
ぜひDVDでご覧になってください。かわいい仕草ですよ。

マングローブの森の生物06

マングローブの森の猿たちは、
枝や根を器用に渡り歩き、
木の実など餌には不自由していないようです。

猿01

しかし、不用心に近づくのは危険です。
ひっかかれるか、餌を取るつもりで何かを持っていかれてしまいます。
お気をつけて。

猿02

さて、なんで「日本犬」のブログで自然ネタばかりなんだとお思いのあなた・・・
今日の本題です。

「マレーシアのランカウイのマングローブの森で暮らす犬たち」です。
長~いタイトルになりましたが、
ボートで川を回っているといきなり犬の集団に出くわしました。

犬の集団? ドッグランにいる犬ではありません。  野犬です。
なぜ? 野犬がこんなにいっぱい??

分かりますか?

マングローブの森の生物07

柴犬でいえば赤の薄いのから濃いのまで。
顔がみな面長です。

家族が集団で暮らしているようです。子犬の姿もありました。

ではなぜ、こんなに多くの犬がマングローブの森で野犬化しているのか。

聞いてみました。
「イスラムの世界では犬はブタと同等の汚れた存在」
従って、ペットとして飼う人はいない。
だから他のマングローブの生き物と同じに森の中で暮らす。

しかし、何を食べてるんだろう。
それほど痩せているようにも見えませんが、野生だから締まってる。
その引き締まるところだけを見習いたい。できれば楽して・・・。

なんか、ビリーも留守中に楽して理想のカラダは
出来ないとかなんとか言ってたみたいですね。

マングローブの森の生物08

シティー・ガールのわたしは、こんなところでは暮らしていけませんね。
ちなみにマレーシアは多民族国家で、中国系の人たちはペットとして
飼っているそうです。

ハワイアンマック01

日本に生まれて良かった~


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ ハワイアン・マックはいかがですか~

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 柴犬マックのひとりごと, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。